HOME » フォトフェイシャルとレーザー治療との比較 » フォトフェイシャルとレーザー治療の違い

フォトフェイシャルとレーザー治療の違い

このページでは、フォトフェイシャルとレーザー治療の違いについて調査しています。

フォトフェイシャルとレーザー治療の違い

近年その成果が注目されているのが、美容での光治療です。美白や美肌効果のある光治療の方法として、フォトフェイシャルとレーザー治療があります。この2つの治療法には、どのような違いがあるのでしょうか。どんな方がどちらの治療法を選ぶとよいのでしょうか。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルのメリットとデメリットを調べてみましょう。

【メリット】

複数の波長の光を同時に作用させることができるため、さまざまな肌トラブルを解決できます。短い波長の光の照射で、シミの原因となる黒色メラニンに作用します。波長が長くなるにつれて、お肌の内部にも作用を広げることができるようになり、皮ふの中にあるシミにも効果を及ぼすことができます。

さらに波長が長くなると、皮ふの奥にある真皮層にまで効果を浸透させることができます。皮ふの中の水分に熱を加えることができるようになります。そして、真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸をつくり出す細胞が熱によって活発化し、お肌がよりバランスのよい環境を取り戻すのを助けてくれて、シワが取り除かれていき、お肌にハリが出てきます。フォトフェイシャルの治療では、これらのさまざまな有効な波長の光を、一度に照射することができるのです。

1回の治療にかかる時間は、30分以下ととても短時間で、治療後のダウンタイムが短いというのもフォトフェイシャルのメリットといえるでしょう。治療のすぐ直後にでも、お化粧をして帰ることができるぐらいお肌のダメージが少ないのです。フォトフェイシャルで使用する光は、レーザーと異なりとてもマイルドな光で、やさしくお肌をケアしてくれます。治療中の痛みもほとんどないというのもポイントのひとつですね。

【デメリット】

レーザーに比べて即効性が劣るので、何回もクリニックに通って治療を受け続ける必要があります。通院回数に伴って、費用もかさんでしまうということもデメリットです。また、効果の持続性が短く、定期的に通院するなどしないと、フォトフェイシャルの効果が続かないというデメリットもあります。

妊娠中の方、アトピーなどの皮ふの疾患を持つ方、タトゥー・アートメイクをしている方などは、フォトフェイシャルを受けることができません。

レーザー治療

【メリット】

レーザーのメリットは、まず治療の即効性が高いということです。悩みの種であった濃いシミやアザを、ほんの数十分の治療だけできれいに取り除いてくれます。特定の波長の光のみで、ターゲットとなるメラニンだけをピンポイントで攻撃するので、高い威力を発揮しながらシミやアザを消すことができるのです。

【デメリット】

レーザーは単一の波長の光だけをあてるための技術ですから、フォトフェイシャルのように複数の肌トラブルを同時に治療することができません。

レーザー治療は、レーザー光をあてるときに、輪ゴムではじかれたときのような、一瞬の強い痛みを感じます。麻酔テープや全身麻酔をしてレーザー治療を受けることもあります。

レーザーをあてたところが軽いやけどになることがあります。治療後2-3日でかさぶたができます。かさぶたの上からファンデーションを塗ることができます。10日後ぐらいにかさぶたがはがれたら、メイクをすることもできるようになるでしょう。

目にあたってしまうと失明してしまう恐れもあります。目のまわりの治療の際は特殊なコンタクトを装着する必要があります。

幅広い効果を発揮してくれるフォトフェイシャル

大きな黒いシミだけをできるだけ早く取り除きたい、ということでなければ、幅広くやさしい光で癒してくれるフォトフェイシャルの方がより大きな効果を得ることができそうです。