HOME » はじめてでも大丈夫!フォトフェイシャル治療まとめ » フォトフェイシャルで身体を綺麗にすることはできる?

フォトフェイシャルで身体を綺麗にすることはできる?

フォトフェイシャルの評判を聞いて、身体の肌トラブルに活用したいと考えている方がいるかもしれませんね。フォトフェイシャルを身体に照射することはできるのでしょうか。また、実際に照射してくれるクリニックはあるのでしょうか。これらの点について解説いたします。

フォトフェイシャルってどんな治療?

フォトフェイシャルは、IPLという光線を肌トラブルに照射する治療です。光線が肌トラブルの原因にダメージを与えることで肌トラブルを改善します。従来のレーザー治療との違いは、光線の波長帯に幅があることです。これにより、肌に大きな負担をかけず幅広い肌トラブルを改善できます。具体的には、シミ・ソバカス・くすみ・肌のハリ・小じわ・毛穴の開き・ニキビ痕などを改善できます。身体の肌トラブルにも活用できるのでしょうか。

身体の肌トラブルにも活用できる?

首やデコルテ、胸や背中、手や足などのシミ・色素沈着・しわ・ニキビ痕などに悩む方は多いものです。これらの部位の肌トラブルも、フォトフェイシャルで治療できます。フォトフェイシャルはIPLが症状の原因に働きかける治療なので、原因があれば基本的に身体の肌トラブルであっても治療できます。気になる方は、顔以外のフォトフェイシャル治療を行っているクリニックで相談するとよいでしょう。

身体のフォトフェイシャルを行っているクリニック

残念ながら、すべてのクリニックで身体のフォトフェイシャルを行っているわけではありません。調べてみたところ、限られたクリニックだけが対応しているようです。東京都内で身体のフォトフェイシャルを行っているのが「美容外科・美容皮膚科レイクリニック」です。レイクリニックは「年齢を重ねることに不安がなくなる診察」を治療方針としています。レイクリニック以外にも身体のフォトフェイシャルに対応してくれるクリニックはあるはずです。気になるクリニックがある方は、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

参考:『フォトフェイシャル』 美容外科・美容皮膚科レイクリニック
http://www.ray-c.jp/case_cat/photo_facial

必ずフォトフェイシャル治療を受けられるわけではない

身体のフォトフェイシャルに対応しているクリニックを受診しても、希望通りの治療を必ず受けられるわけではありません。肌トラブルの状態などによっては、効果を期待できないことがあるからです。 例えば、茶アザの治療にフォトフェイシャルは適していません。本人がシミの治療でフォトフェイシャルを受けたいといっても、シミの正体が茶アザである場合はフォトフェイシャルを受けられません。シミと茶アザを勘違いしているケースは意外に多いといわれています。茶アザの治療には、Qスイッチレーザーが有効です。フォトフェイシャルを希望しても、治療法がQスイッチレーザーになることはあります。

肌トラブルに対する最適な治療法は、実際にクリニックで相談するまで分かりません。フォトフェイシャル治療を希望する方も、まずはクリニックで相談しましょう。その結果、フォトフェイシャルが適しているとなれば希望通りの治療を受けられます。適していない場合は、医師が最適な治療法を提案してくれるはずです。身体のフォトフェイシャル治療を希望する方は、クリニックで相談するところから始めましょう。

参考:『あざ治療』 みずほクリニック
https://mizuhoclinic.jp/menu/dermatology/aza/