フォトフェイシャルの情報まとめサイト 東京編

治療の注意点は?

このページでは、フォトフェイシャル施術を受ける際の注意点についてまとめています。

フォトフェイシャルの注意点とは

シミやしわ、肌のハリツヤの衰えなど、さまざまな悩みにアプローチしてくれるフォトフェイシャル。ぜひ施術を検討したいところですが、注意点もあります。以下に見ていきましょう。

治療前に確認したい注意点

高い効果の期待できるフォトフェイシャルですが、人によってはおすすめできない場合があります。以下に該当しないか、まず確認をしてください。

 【フォトフェイシャルを受けられない人】

  • 妊娠中または授乳中の女性
  • 日光や光に対しアレルギー反応がある人
  • 日焼けしている人
  • 肝斑のある人
  • アトピー肌の人
  • 自己免疫疾患の人

上記以外にも、医師による診療の結果、施術を断られる場合がありますので、指示には必ず従うようにしてください。

また施術を受けるにあたり『希望の施術箇所』は明確に。例えば、まぶたなど目の周囲の問題の改善策として、光を照射するフォトフェイシャルは適当ではありません。また、フォトフェイシャルの照射は「浅く広く」が基本となっているため、皮膚の深部にある頑固なシミなどには、効果が期待できなくなっています。

医師とよく話し合い「フォトフェイシャルが有効である」と判断したうえで契約するようにしましょう。

治療中に確認したい注意点

美容マシンでの施術期間中に気になるのは、痛みやダウンタイムです。フォトフェイシャルの痛みは使用するマシンによっても異なりますが『ゴムで弾かれるような痛み』であったり、『ピリッとする痛み』であったりという感じで「耐えられない」というほどつらくはないようです。

またレーザー機器などに比べダウンタイムが少なく済むのも特徴のひとつで、施術後のメイクアップも可能なケースがほとんどです。

とは言え、マシンや患者の肌状態によっては、照射後にかさぶたなどができる場合もあります。痛みやダウンタイムがひどく出てしまうケースの場合は、中途解約が可能かどうか、事前に確認しておきましょう。

治療後に確認したい注意点

フォトフェイシャルは多くの美容施術に比べ、ダウンタイムが少ないことで有名です。しかし、気を付けなければならないこともあります。それは『日焼け』。施術後の肌は、通常よりも刺激を受けやすい状態になっているため、紫外線を浴びることは厳禁です。

フォトフェイシャルは4~5回の施術を受けることで効果を実感できますので、通院期間はどうしても数ヶ月以上に及びます。「屋外レジャーの予定がある」というシーズンは避ける方が無難ですから、あらかじめ通院期間と、その間の予定について調整しておく必要がありそうです。

百合のワンポイントアドバイス

このページの内容を見ていると、フォトフェイシャルにも色々な注意点があることがわかりますね。とは言え、他の美容施術に比べると、患者に与える負担は非常に少ない施術です。もっとリスクが大きく、ダウンタイムの長い施術が必要な肌状態へと進行してしまう前に、フォトフェイシャルを検討して、美しい肌を取り戻していきましょう!

東京でおすすめのフォトフェイシャルクリニックはこちら>>