フォトフェイシャルの情報まとめサイト 東京編

副作用はあるの?

このページでは、フォトフェイシャルの副作用の可能性について調べています。

フォトフェイシャルに副作用はある?

お肌悩みは人それぞれですが、フォトフェイシャルはシワやシミ、そしてハリツヤの衰えなど、さまざまな悩みに幅広くアプローチする美容施術として人気です。

しかし、施術を行うことにより却って状態が悪くなる、副作用は気になります。果たしてフォトフェイシャルに副作用はあるのでしょうか?まず答えを言ってしまうと「ないとは言えません」。まず、以下の人は施術を慎重に検討する必要があります。

  • 日光や光に対しアレルギー反応がある人
  • 日焼けしている人
  • タトゥーやアートメイクを施している人
  • 肝斑のある人
  • アトピー肌の人

上記にあてはまる人は、例えフォトフェイシャルを希望していたとしても、医師による診療の段階で正直に申告するほうがベター。また「症状が軽いので、大丈夫」という判断が医師から得られたとしても、腫れや軽いやけどなどの副作用が顕著に現れる可能性があります。

フォトフェイシャルは皮膚表面の色に反応するマシンなので、上記のような条件を持つ人には、副作用を感じやすくなってしまいます。

一時的な副作用は好転反応と考えよう

「私は上記の条件に該当しないから、大丈夫かな」という人がフォトフェイシャルを受けた場合にも、以下のような『一時的な副作用』が現れる場合はあります。

  • シミ・そばかすが却って濃くなる…フォトフェイシャルにより破壊されたメラニン色素が、一時的に肌の表面に浮き出ている状態。一週間程度でかさぶたになり、自然にはがれ落ちる。
  • ニキビが出る…フォトフェイシャルの力で活性化した肌が、老廃物を押し出すことによって生じるが、すぐに落ち着く。

いずれも軽度な副作用なので、過敏に反応しなくても大丈夫。症状が落ち着いたころには、イキイキとした素肌が待っているはずです。

百合のワンポイントアドバイス

もともとフォトフェイシャルは、副作用の少ない施術として有名。ほとんどのクリニックが、『施術当日からメイクOK』としているほどです。

とは言え、あまりにも副作用が長引く、という場合は医師に相談を。エステサロンと違い、クリニックでの施術ならワンストップで適切な処置を行ってもらえるので、安心です。

東京でおすすめのフォトフェイシャルクリニックはこちら>>