HOME » はじめてでも大丈夫!フォトフェイシャル治療まとめ » 副作用はあるの?

副作用はあるの?

このページでは、フォトフェイシャルの副作用の可能性について調べています。

フォトフェイシャルに副作用はある?

お肌悩みは人それぞれですが、フォトフェイシャルはシワやシミ、そしてハリツヤの衰えなど、さまざまな悩みに幅広くアプローチする美容施術として人気です。

しかし、施術を行うことにより却って状態が悪くなる、副作用は気になります。果たしてフォトフェイシャルに副作用はあるのでしょうか?まず答えを言ってしまうと「ないとは言えません」。まず、以下の人は施術を慎重に検討する必要があります。

日光や光に対しアレルギー反応がある人

フォトフェイシャルはレーザー治療ほどではありませんが、強力な光を皮膚に照射する施術のため、日焼けをしている状態に似ています。

普段から日光を浴びると皮膚が赤くなり水膨れになるなどの症状が出てしまう方は、同じような状況になってしまう可能性があります。たとえ日光を浴びても皮膚になんら影響がない方であっても、フォトフェイシャルをしたことによって皮膚に赤みが出たり、発疹が出てしまうことがあります。

このような状況はダウンタイムと言われフォトフェイシャルでは良くあることで、直ぐに消えてなくなりますが、光への耐性が弱い体質の方には威力が強すぎるので痕が残ってしまう可能性もあります。

日焼けしている人

フォトフェイシャルで使われる施術器具は、黒いものに反応して破壊するという性質があります。この性質を利用してフォトフェイシャルではシミの原因であるメラニン色素を破壊したり、そばかすやくすみなんかも破壊して消していくのです。

ちなみにフォトフェイシャルと同じ原理が使われているのがムダ毛脱毛。ムダ毛の根っこにある「毛母細胞」と呼ばれる植物でいうところの球根みたいなものを、光を照射することにより破壊してムダ毛が生えてこなくしているのです。つまり日焼けして皮膚が黒くなっている方は、光を照射したときにシミやそばかす以外に何もトラブルがない皮膚の部分にも光が反応してしまい、その何もない部分の細胞が破壊されたことにより新たなシミができてしまったり、光が反応しすぎて火傷をしてしまう恐れがあります。

ムダ毛脱毛でも日焼けをしている人は施術自体を拒否されることもあるぐらいリスクがあります。

タトゥーやアートメイクを施している人

顔周りにタトゥーがある人や眉毛をアートメイクしている方も注意が必要です。

タトゥーをしてしまうと当然、その範囲位には色が付いていることになります。タトゥーをしている方がフォトフェイスを受けると、光を照射したときにタトゥー部分に光が集中してしまいます。

そのことにより火傷や水膨れなどの症状を引き起こす恐れが考えられます。さらに光が集中してタトゥー部分に集まってしまったことによってタトゥーがかすれてしまったり、消えてしまう恐れもあります。

肝斑のある人

肝斑はシミの一種とされていますが、普通のシミと勘違いしてフォトフェイシャルで消してしまおうという安易な考えはかえって症状を悪化させることも。まずはこの肝斑とは何かを解説していきます。

肝斑とは?

まず肝斑とは目尻や頬骨に沿ってできるシミのようなもので、顔の左右対称に出てくるのが特徴です。薄い褐色であり、ぼんやりと出てくることもあります。

肝斑の原因

肝斑の原因とされているのが女性ホルモンのバランスの乱れ。妊娠中の方や30〜40代のホルモンバランスが乱れやすい方に多く見られます。病院を受診すれば肝斑に有効な治療薬を処方してもらえるので、改善できるシミとなっています。

肝斑に気がつかぬままのフォトフェイシャル

しかし肝斑というものを知らない方というのは非常に多く、普通にシミができてしまったと悩んでいる方も多いのが現状です。

そんな状況の中で肝斑を消そうと、フォトフェイシャルを受けてみようという考えになることが大変危険なのです。肝斑は通常のシミとは違い、レーザーや光を照射して消せるものではありません。フォトフェイシャルのように光を照射してしまうとかえって、肝斑が刺激されて悪化してしまう恐れがあります。消せるはずシミなのにも関わらず、知識がないことで症状を悪化させてしまっては何の意味もありません。

目尻や頬骨に沿って左右対称のシミができてしまっている方は、フォトフェイシャルでシミを消すのではなく、まずは病院を受診して肝斑か否かを判断してもらう必要があるのです。

アトピー肌の人

アトピーの方は施術が受けられないわけではありませんが、十分な注意が必要です。

アトピーはアレルギー症状の一種であり皮膚はアトピーでない人よりも当然、敏感です。とくに状態が良い時と悪い時の差は激しく、言うまでもなく状態が悪い時は避けたほうが良いでしょう。またたとえ状態が良い時でも、担当医師と十分相談して施術を行うか否かを決めた方が良いでしょう。

上記にあてはまる人は、例えフォトフェイシャルを希望していたとしても、医師による診療の段階で正直に申告するほうがベター。また「症状が軽いので、大丈夫」という判断が医師から得られたとしても、腫れや軽いやけどなどの副作用が顕著に現れる可能性があります。

フォトフェイシャルは皮膚表面の色に反応するマシンなので、上記のような条件を持つ人には、副作用を感じやすくなってしまいます。

一時的な副作用は好転反応と考えよう

「私は上記の条件に該当しないから、大丈夫かな」という人がフォトフェイシャルを受けた場合にも、以下のような『一時的な副作用』が現れる場合はあります。

シミ・そばかすが却って濃くなる…

シミやそばかすというのは皮膚の表面にできているわけではなく、何重も折り重なってできている皮膚の層の奥深いところにできているのが、ほとんどです。

そのことからフォトフェイシャルで光を照射することによって、はじめて破壊されてバラバラになるのです。

フォトフェイシャルによりシミやソバカスが破壊されると、壊れたメラニン色素が、一時的に肌の表面に浮き出ている状態になります。皮膚の表面にシミが浮き出てくるということは、皮膚からメラニン色素が透けて見える割合が多くなるので、結果的にシミやそばかすも濃くなってしまったように見えてしまいます。しかし一週間程度でそのシミやそばかすは、かさぶたになり、自然にはがれ落ちるのです。施術後は失敗していないかついつい過敏になってしまいますが、効き目があった証拠だということを把握しておきましょう。

ニキビが出る…

フォトフェイシャルでは施術前には無かったニキビのようなものができてしまう可能性があります。

一見、せっかく施術を受けたのにも関わらず余計な心配事が増えてしまったと悩んでしまう方も多いでしょうが、これは施術後のダウンタイムではよく見られる症状です。

フォトフェイシャルはいくら安全性が高い施術だからといって、日常生活では浴びることのないような強力な光を強制的に浴びせることになるので、その副作用というものが出ます。その一つがこのニキビのような症状なのです。

これは厳密にいえばニキビではなく発疹と呼ばれるものです。皮膚がムダ毛処理や、やけどなどでダメージを受けると現れるような症状と同じなのです。たとえば毛抜きで毛を抜いたところが数カ所、ポツポツと発疹ができてしまったということはありませんか?あのような感じと同じように皮膚がフォトフェイシャルにより軽度のダメージを負っている証拠なのです。

しかしフォトフェイシャルの力で活性化した肌が、老廃物を押し出すことによって生じるものなので不安になってしまいますが、すぐに落ち着くはずです。いずれも軽度な副作用なので、過敏に反応しなくても大丈夫です。症状が落ち着いたころには、イキイキとした素肌が待っているはずです。

フォトフェイシャル後の対策

施術後のケアを怠らない

施術後は上記のように皮膚が過敏な状態になってしまうので、セルフケアを怠らないようにしましょう。施術後には病院から外薬と内薬処方されるはずなので、外薬で皮膚の乾燥を抑えて内薬で肌荒れから皮膚の状態が悪化しないように努めていきましょう。

最低1ヶ月間は日に焼けるような行動を避ける

例えば施術後、皮膚の状態が良さそうだからといって日に焼けるような行動は避けるようにしましょう。見た目では状態が良くても、強力な光を照射するということは皮膚に良いわけがなく、皮膚は外側も内側も弱ってしまっている状態なのです。

そんな中、ダメ押しをするように皮膚に光という刺激を与えたら当然、皮膚はもっと弱ってしまいます。このようなことになってしまうと皮膚の赤みや発疹の再発、新たなシミの発生へとつながってしまいます。新たにシミができてしまえば、施術した意味がなくなってしまいますね。たとえ故意で日焼けをしなかったとしても、外に出る際は日傘や日焼け止めといった対策をしておきたいですね。

施術は病院で受けた方がリスクは少なくなる

フォトフェイシャルというのはエステでも受けられるところがあり、病院で受けるよりも安価であること可能性は高いのです。

しかしエステというのは医師免許を持っている方が施術するわけではないので、技術力と信用という面では疑問視されます。そこでフォトフェイシャルならば、病院を選択しましょう。病院ならば医師からの施術が受けられ衛生面もバッチリです。

またアフターケアや薬も処方されるので、術後のトラブルを回避できる可能性が非常に高くなります。

参考文献

百合のワンポイントアドバイス

もともとフォトフェイシャルは、副作用の少ない施術として有名。ほとんどのクリニックが、『施術当日からメイクOK』としているほどです。

とは言え、あまりにも副作用が長引く、という場合は医師に相談を。エステサロンと違い、クリニックでの施術ならワンストップで適切な処置を行ってもらえるので、安心です。

東京でおすすめのフォトフェイシャルクリニックはこちら>>