HOME » はじめてでも大丈夫!フォトフェイシャル治療まとめ » 敏感肌でも大丈夫?

敏感肌でも大丈夫?

一般的に、敏感肌は肌トラブルを起こしやすいといわれています。さまざまな肌トラブルに効果的とされるのがフォトフェイシャルです。フォトフェイシャルは肌に優しいといわれますが、敏感肌の方でも受けることはできるのでしょうか。敏感肌とフォトフェイシャルの関係を解説します。

敏感肌とは

敏感肌は、肌のバリア機能が低下することで、わずかな刺激にも過敏に反応する状態です。刺激の強い成分が入っていない化粧品で肌が荒れる、紫外線を浴びると肌がヒリヒリする、衣類などが肌に触れるとピリピリする、ニキビができやすいなどお悩みの方は敏感肌かもしれません。敏感肌の原因は、乾燥・間違えたスキンケア・年齢の影響・体質などです。わずかな刺激に反応してしまうので、敏感肌の方はフォトフェイシャルを受けるべきか悩むはずです。

参考:『敏感肌の症状』 第一三共ヘルスケア
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/18_binkanhada/

敏感肌でもフォトフェイシャルは受けられる?

フォトフェイシャルは、IPLという光線を肌に照射する治療です。幅のある波長帯の光線を照射して細胞を活性化するので、幅広い肌トラブルを改善できるとされています。具体的には、シミ・ソバカス・くすみ・小じわ・肌のハリ・ニキビ痕・赤ら顔・毛穴の開きなどを改善します。幅広い効果を期待できる一方、幅のある波長帯の光線を照射するので肌に与える刺激はごくわずかとされています。カメラのフラッシュ程度の光を照射するので、ダメージや痛みはほとんどありません。

敏感肌はわずかな刺激でも過敏に反応してしまいますが、フォトフェイシャルは問題なく受けられることが多いようです。肌の状態を改善する治療なので、敏感肌の方にも適した治療といわれています。肌トラブルに悩む方は、フォトフェイシャルを試してみるとよいでしょう。

参考:『敏感肌でもフォトフェイシャルの治療を受けることはできますか?』 けやき美容クリニック 
http://www.keyaki-bc.com/test/menu/000196.php

敏感肌の方が気をつけたいポイント

ただし、すべての敏感肌の方が肌が丈夫な方と同じようにフォトフェイシャルを受けられるわけではありません。敏感肌の状態によっては、フォトフェイシャルのわずかな刺激に反応してしまうことがあるからです。

このようなケースでは、施術中に痛みを感じることや施術後に赤く火照った感じになることや肌が腫れることなどがあります。これらはレーザー治療やフォトフェイシャルなど、照射系の治療につきもののトラブルです。基本的には、照射を終えてから保冷剤で肌を冷やすことなどで治まります。敏感肌の方は、照射を受ける前に敏感肌であることを伝えて、配慮してもらうとよいでしょう。

施術の前後に、保湿などのスキンケアを確実に行うことも重要です。肌の保湿は、化粧水で天然保湿成分やセラミドなどを補い、油分の多い乳液やクリームで有効成分を閉じ込めることなどで行えます。バリア機能の衰えた未熟な肌が健康な肌に入れ替わるまでしっかりと行うことがポイントです。これらに気をつけることで、敏感肌の方でもフォトフェイシャルを受けられるはずです。詳しくは、フォトフェイシャルクリニックのカウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか。

参考:『フォトフェイシャルの安全性について教えて下さい』 けやき美容クリニック
http://www.keyaki-bc.com/test/menu/000075.php