フォトフェイシャルの情報まとめサイト 東京編

HOME » フォトフェィシャルのなんでもQ&A

フォトフェィシャルのなんでもQ&A

フォトフェィシャル(光フェイシャル)に興味があっても、実際に施術を受けたことがある人は、まだまだ少ないかもしれませんね。そんなあなたのために、フォトフェィシャルにまつわる「よくある質問集」をまとめてみました。

フォトフェィシャルでよくある疑問集

フォトフェィシャルで使う「光」って、どんなもの?

フォトフェィシャルを受けると、顔にあてるマシンのヘッドから、まるでカメラのフラッシュのような光が照射されますね。

これはIPL(インテルス・パルス・ライト)という、美容用に開発された特殊な光。光というと、紫外線が気になるところですが、IPLの光は紫外線をカットしてあるので安心です。

フォトフェィシャルで期待できる効果は?

フォトフェィシャルの光がお肌に照射されると、メラニンや毛細血管など、トラブルのある部分にのみ反応します。この時、コラーゲンの生成が促進されるので、肌の内側から若々しい状態へと導いてくれます。

具体的には、シミ・そばかす・しわ・毛穴の開き・にきび・赤ら顔・たるみetc…、様々な肌トラブルにマルチな効果が期待できます

レーザー治療とはどう違うの?

レーザー治療は、おもに黒い色素に熱ダメージを与えるメカニズムなので、シミやほくろの除去に優れていると言われています。この他、にきびの改善やコラーゲン再生の効果も期待できますが、治療したい部位にピンポイント照射し、肌トラブルによってマシンを使い分ける必要があります。

いっぽうフォトフェィシャルなら、顔全体に一度に照射でき、複数の色素にダメージを与えられます。そのため、様々な悩みを一気に解消することが可能です。

痛みや副作用があるか心配…

フォトフェィシャルの光は、美容目的に開発されたマイルドなものなので、肌ダメージが少ないと言われています。痛みはほとんどなく、感じたとしても、輪ゴムでパチッとはじかれたような程度。レーザー治療のように、炎症やかさぶたができるような心配もなく、施術直後からメイクもできます。

ただし、担当してくれる施術者の腕次第で、副作用のリスクも伴います。効果を急ぎたいあまり、光の出力を大きくしすぎれば、やけどになってしまうことも…。そうならないために、口コミ情報などをもとに、信頼できるドクターのいるクリニックを選ぶことが大切です。

フォトフェィシャル、治療の流れは?

施術前には、冷却ジェルを顔に塗布し、目を保護するためのアイマスクを装着します。その後光を照射。照射が終わったら、フェイスマスクなどでクールダウン。

1回の治療時間は、だいたい15~20分で、施術直後からメイクをして帰ることができます

効果を実感するには、どのぐらいの期間がかかる?

1回受けただけでも、お肌の違いを実感できる人がほとんどです。ただ、より高い効果を実感したいなら、3~4週間に1回の頻度で、5~10回ぐらい通う場合が多いようです。

費用の相場は?

フォトフェィシャルは自由診療なので、クリニックによって費用の設定はまちまちです。よくある料金の例としては、1回3万円台~5万円ぐらい。初回限定の価格として、1万円台でお試しできるプランや、1クール(5~10回)でいくら、といったお得な料金プランを用意しているクリニックが多いですね。